PAGE TOP

個人再生とは借りたお金の整理の一種で借入

ヤミ金相談ならジャパンネット法務事務所までご相談してください。

ヤミ金の取立てなどでお困りの方。ジャパンネット法務事務所なら最短で引き受けたその日の内に問題解決も可能です。分割返済も可能。無料相談はコチラから。

個人再生とは借りたお金の整理の一種で借入金を少な
個人再生とは借りたお金の整理の一種で借入金を少なくしてその後の返済を楽にするというものです。


これを行うことにより多数の人の生活が苦しさが軽減されているという現実があります。


私も以前に、この借金の整理をして助かりました。

個人再生をしようとしても、認可されない場合が実在するのです。個人再生をする場合には、返済計画案の提出をすることになりますが、これが裁判所で認めてもらえないと不認可としての扱いとなります。もちろん、認可されないと、個人再生を行うのは無理です。

個人再生にはある程度の不都合があります。最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったなんて事例もあります。
また、この手段は手続きが長い期間となるため、減額になるまでにたくさんの時間を要することが多くあります。債務整理を行っても生命保険をやめる必要がないことがあるでしょう。任意整理をしたとしても生命保険を解約する必要はないのです。

注意しないといけないのは自己破産する時なのです。自己破産になった場合には生命保険の解約を裁判所から命じられる時があります。
債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、初めに気にかけるべきは着手金そして以降かかる費用のことです。着手金の平均的な金額は一社につき二万円くらいなのです。
中には着手金0円を謳う法律事務所もありますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、注意して頼みましょう。



個人再生の手続きをする仕方ですが、これは弁護士にお任せするのが一番スムーズです。
弁護士にお任せすることで、ほとんどの手続きを受け持ってくれます。


その間に裁判所へ行ったり、債権者と話し合いをする場合もありますが、複雑なことはほとんど弁護士に頼ることができます。



私は個人再生によって助けていただいたことで家のローンの返済がたいへん楽になりました。これまでは毎回返済するのが厳しかったのですが、個人再生で手助けを得られたことで返済にかかる金額が非常に少なくなり、伸び伸びと生活していけるようになりました。遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。



借金が返せないほど増えた場合に、お金を借りている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、返済金額の調整をします。
これが任意整理と呼ばれるものですが、任意整理の際に、銀行の口座が、使えなくなることがあります。銀行口座にお金がまだ残っている場合はそのお金は債権者のものとされてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。自己破産は特に資産を持っていない人だと、単純な手続きで終了しますが、弁護士に頼まないと手続きを一人でするのはとても困難です。

自己破産にかかるお金は平均で、全部で20〜80万円程度と高額ですが、この費用は借金であてることができませんので、しっかり確保した上で相談しなければなりません。
借金が多くなってしまって任意整理を行うことになった場合、また新たに借り入れをしたくなったり、クレカを作ろうと考えても、信用機関にはそういった情報が残ってしまうため、審査を通過せず、数年間はそういったことを行えないのです。
借金癖のある方には、すごく厳しい生活となるでしょう。

関連記事