PAGE TOP

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすること

ヤミ金相談ならジャパンネット法務事務所までご相談してください。

ヤミ金の取立てなどでお困りの方。ジャパンネット法務事務所なら最短で引き受けたその日の内に問題解決も可能です。分割返済も可能。無料相談はコチラから。

任意整理とは、債権者と債務者が話し合い
任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように交渉するという公共機関の裁判所を使わずに借金減額の対処方法です。大多数の場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして交渉し、毎月支払う額を減らすことで、完済できる道筋がみえます。


債務整理を弁護士、司法書士にしてもらうとき、まず気にかけるべきことは着手金とその後にかかる費用についてです。着手金の平均金額は一社で約二万円なのです。



中には着手金0円を掲げる法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、依頼する時によく注意しましょう。


債務整理は専業で主婦をしている方でも選択できます。

当然、誰にも知られないように処分をうけることもできるのですが、金額が大きい場合には家族と相談する方がいいです。
専業主婦でも支払いが難しくなれば、弁護士に依頼して解決の糸筋がつかめます。


債権調査票とは、債務整理を行う時に、お金をどこからどれほど借りているのかを確実に分かるようにするための書類で示したものです。お金を借りている会社に頼むことで受け取ることができます。ヤミ金だったりすると、受け付けないこともありますが、その場合は、自分で書面を準備すれば大丈夫です。裁判所を通さずに交渉し、合意成立してから、やむをえずお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査の段階でノーと言われます。一度、信用情報機関のブラックリストに記載された場合、登録が削除されるまでには5〜10年はそのままですので、それより後になればキャッシングができます。個人再生に必要なお金というのはお願いした弁護士や司法書士次第でさまざまです。



お金を持っていないのにそんなの払えるはずがないという人でも分割払いでも対応してくれるので相談してもいい事になっています。
悩んでいる人は相談してみるとよいと考えますね。個人再生にはある程度の不都合があります。一番大きいのは高額であるということで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が上回ったという事もあります。
また、このやり方は手続きが長期間になるため、減額になるまでにかなりの時間を費やすことがたくさんあります。
借金が膨らんでしまって任意整理をする場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレカを作ろうと考えても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査を通過せず、数年間はそういったことをできないということになるのです。借金癖のある方には、すごく厳しい生活となるでしょう。
任意整理を行ったとしても、あまりデメリットはないと思われる方もいると思いますが、実際にはちゃんとあるのを知っていますか。



それは、官報に載ってしまうということです。

噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性があるということになります。
それこそが、任意整理の一番のデメリットだといったことになるのかもしれません。自己破産のプラスとなることは免責になると借金を返済する義務がなくなることです。どうやってお金を返すか悩んだり、金策に走り回らないでよくなります。特にあまり財産がない人にとっては、借金を返す為に手放さなくてはいけないものがわずかなので、利点が多いと思われます。

関連記事